LOGO
HOME > ブログ > シボレー カマロ 19年モデル デモカー配備完了しました。

スタッフブログ 記事詳細

[シボレー]
[お知らせ]

シボレー カマロ 19年モデル デモカー配備完了しました。

2018年12月8日

森末 隆之

先月発表になった2019年モデルのシボレー カマロ。

 

当店にも待望のデモカーがやって参りました!!

今回やって来たのは、

2リットルターボエンジンを搭載したLT RS。

 

目を引くボディカラーは「リバーサイドブルーメタリック」という新色で、

1960年代に人気を博したSunoco Blueにインスパイアされています。

この時代のカマロもムチャクチャカッコイイですね!!

 

 

 

では、

2018年モデルと2019年モデルとの違いをここでいくつかご紹介。

 

まず目を引くのがフロントフェイス、リアフェイスのデザイン変更。

フロントはブラックの部分が増え、よりアグレッシブかつ精悍な顔立ちに。

ボウタイエンブレムもより目立つようになりました。

 

リアはテールランプにLEDを採用。

点灯していないときは写真のような色合いですので、こちらもクールな装いに。

 

さらにはホイールデザインが変更になり、

 

My Linkも世代が変わりました。

 

地味なところではリアビューカメラの解像度がググっとアップして、すごくクリアな画像になっています。

(個人的にはこれが一番ビックリしました)

 

それら車両の変更点に加えて、2019年モデルからシボレーメンテナンスケアが標準付帯(価格に含まれている)になりました。

1年目、2年目の定期点検やエンジンオイルなどの定期交換部品がパッケージになったプログラムです。

 

 

2019年モデルの各グレード車両本体価格は以下の通りです。

LT RS (2リットルターボ) 5,292,000円(消費税込)

コンバーチブル (2リットルターボ) 6,156,000円(消費税込)

SS 6.2リットルV8) 6,804,000円(消費税込)

 

 

SSについては、先ほどご紹介したものに加えて他にも変更点がいくつかありますので、

ご案内できる車両が到着次第改めてご紹介させていただきます。

 

より魅力を増した2019年モデルのカマロ、

お気軽にお問合せくださ!!

 

RSS Feed

General Motors Japan Limited All Rights Reserved.